Loading

BLOG

美白コスメの選び方

オースディ横瀧です。本格的な紫外線シーズンが到来です。そこで本日は「美白コスメ」について。

メラニンの生成を抑える美白成分を含むのが美白コスメです。美白コスメは、成分で選ぶのが基本です。しかし、どの成分が効くかは、人によるので、絶対はありません。

美白コスメは、年間を通じて顔全体に使うものなので、使いやすい化粧水タイプがおすすめです。

 

おすすめ美白成分

 

美白成分は色々なものが開発されていますが、その代表的なものが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンCには様々な美肌効果がありますが、純粋なビタミンCは、刺激も強く、水溶性で肌へ浸透しにくいのが欠点です。そこで、肌へ浸透しやすい形に改良したのが、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンC誘導体にも種類があります。ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体、そして進化型の両親性ビタミンC誘導体があります。

 

水溶性ビタミンC誘導体は「リン酸型」と呼ばれ、即効性があり、短期間で皮膚に吸収されてビタミンC本来の効果が期待できます。

元々壊れやすく吸収率も低いビタミンCを、リン酸と結合させることにより皮膚への吸収率を高めて効果を持続させ、ビタミンC本来の特性を生かせる状態に改良したものです。

 

油溶性ビタミンC誘導体は、水溶性に比べて低刺激で、持続性があります。油溶性ビタミンC誘導体には「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」(VCIP)があります。

 

そして、進化型ビタミンC誘導体・アプレシエ・APPSとも呼ばれているこの「新型ビタミンC誘導体」は、水溶性と油溶性の両親性ビタミンC誘導体です。

水溶性ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加し親油性を獲得した「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」は、一番新しいビタミンC誘導体です。

 

新型ビタミンC誘導体とは

 

美白成分であるビタミンC誘導体をいかにお肌の深部まで持続的に届けるかが、美白コスメのポイントです。

従来のリン酸型ビタミンC誘導体では、イオン導入をしないと真皮まで十分にビタミンCを届けることができませんでした。

しかし、新型ビタミンC誘導体APPS「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」は、通常の塗布のみで真皮まで到達できます。真皮まで入るということは、真皮でのケアが重要な“しみ”や“しわ”に対する直接的なアプローチが可能になります。

真皮まで浸透する新型ビタミンC誘導体APPSは、真皮でビタミンCに変換し、コラーゲン合成で重要な役割を果たします。また真皮のメラニンの還元にかかわるため、「シミ」「シワ」「ハリ」をトータルサポートします。

水溶性ビタミンC誘導体の最大の特徴「即効性」と、油溶性ビタミンC誘導体最大の特徴「持続力」をあわせ持ち、更に、肌への刺激や乾燥の心配もなく、美白効果はもちろん、長期間使用することによるしわやハリの改善などのアンチエイジング効果も期待されます。

新型ビタミンC誘導体APPSは、脂質にも水分にも良くなじみ角質層への浸透力にも優れ、その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われているほどです。

 

まとめ

美白コスメは美白成分で選ぶのがコツ。使いやすい化粧水タイプがおすすめです。

おすすめ美白成分は、新型ビタミンC誘導体APPSです。

 

■オースディ公式LINEとお友達になると、DUVOTA(ドゥボータ)化粧品開発者の横瀧(たっきー)が全力でサポートします!

友だち追加

▼メルマガ登録で今すぐクーポンGET!はこちら▼

横瀧尚弘@化粧品のプロドゥボータ化粧品開発者|美容研究家

投稿者プロフィール

1975年生まれ/大阪府出身。メイクアップブランドや、エステサロン化粧品、ドクターズコスメなど、多数の化粧品ブランドのプロデュース、化粧品開発を手掛けてきました。

化粧品のプロとして、DUVOTA-ドゥボータ化粧品の使い方や、最新情報、美肌ノウハウについて投稿しています。趣味は、水泳、マラソン(サブ4)、ロードバイク。

UV対策は、日焼け止めよりパウダーファンデーション

DUVOTA-ドゥボータCローションのバージョンアップポイント

関連記事

  1. しみ、しわ、たるみはエイジングサイン!今すぐはじめる「老け顔」対策

    2015.08.20
  2. ふき取るだけで肌理(キメ)整う洗顔化粧水

    2015.03.27
  3. スキンケアで大切な3つのポイント

    2020.07.12
  4. グルコシルセラミドについて

    2020.07.02
  5. 気になる「毛穴」悩みを解消する「洗顔」のヒミツ

    2020.05.30
  6. エイジングケアの基本はセラミドでしっかり保湿すること

    2015.07.15
PAGE TOP