Loading

Column

医薬部外品と化粧品の違い:効果効能のある化粧品とは?

医薬部外品と化粧品の違い:効果効能のある化粧品とは?





いつもブログにご訪問頂きありがとうございます。オースディ横瀧です。

さて本日は『本当はできる効果効能のある化粧品』。

化粧品と医薬部外品。

どちらが効果効能があると思いますか?

化粧品の内容成分にもよりますが、同じ有効成分を配合しているなら、

 

効果効能にそれほど差はありません。

 

逆に、ビタミンC誘導体などは医薬部外での配合だと、配合上限が設定されています。

逆に化粧品のほうが高濃度だったりします。

 

医薬部外品は厚生省の認可が必要なので、臨床試験による効果効能の証明が必要です。あたりまえですが、臨床結果で証明された配合率しか許可されません。

美白に限っていうと、現在医薬部外品として認可されている美白成分には、「ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸S、カモミラEF、トラネキサム酸」などがあります。

これら成分を配合した化粧品は美白効果があるということです。

もちろん、外国認可の最新成分などは含まれていません。

また、ビタミンC誘導体のように医薬部外品で認可されたものは化粧品よりも配合濃度が低い場合があります。

結論、

化粧品のなかには医薬部外品以上の効果効能のあるものが存在します。

しかも、医薬部外品は全成分表示義務がなく、化粧品は全成分表記が義務化されているので、どういった成分が配合されているか、化粧品なら自分自身で確認ができるんです。

そのためには常日頃から情報収集のアンテナを広げておく必要がありそうですね(* ^ー゚)b

 


 

 

\LINE友達登録ですぐに使えるLINE限定クーポンプレゼント中/

エレクトロポレーション美顔器や、ドゥボータ化粧品などキレイ応援アイテムが盛りだくさん(*^_^*)

▼オースディ公式LINEといますぐお友達になる▼

友だち追加

▼メルマガ登録で今すぐお得な情報をGET!▼




横瀧尚弘@たっきー美容研究家

投稿者プロフィール

1975年生まれ/大阪府出身。オースディ株式会社代表取締役/DUVOTA-ドゥボータ化粧品開発者。美容研究家として、メイクアップブランドや、エステサロン化粧品、ドクターズコスメなど、多数の化粧品ブランドのプロデュース、化粧品開発を手掛けてきました。

化粧品のプロとして、DUVOTA-ドゥボータ化粧品の使い方や、最新情報、美肌ノウハウについて投稿しています。趣味は、水泳、マラソン(サブ4)、ロードバイク。

お肌のお悩みランキングとお悩み別対処方法を一挙公開!第4位は?

お肌のお悩みランキングとお悩み別対処方法を一挙公開!第3位は?

関連記事

  1. 化粧品のプロが教える、化粧品で損をしない7つのポイント

    2014.04.23
  2. お肌のお悩みランキングとお悩み別対処方法を一挙公開!第4位は?

    2021.09.03
  3. 化粧品が合わないのでは?と思ったら

    2021.08.19
  4. よくある化粧品の勘違い

    2014.03.05
  5. スキンケア効果を引き出す「化粧水」の使い方

    2012.12.06
  6. 化粧品の価値とは?

    2012.02.02
PAGE TOP