Loading

Column

知らなきゃ損!グロースファクターの種類と美容効果




知らなきゃ損!グロースファクターの種類と美容効果

 

ブログご訪問ありがとうございます。オースディ代表、化粧品開発者の横瀧(たっきー)です。EGF配合グロースファクター美容液DUVOTA-ドゥボータ・リバイタルセラムにはEGFというグロースファクターと機能性ペプチドを配合しています。

本日は知らなきゃ損!知って得する、グロースファクターと機能性ペプチドの美容効果についてご説明しますヽ(=´▽`=)ノ

 

グロースファクターとは?

 

グロースファクターとは『GF』とも表記されるペプチドで、コラーゲンやエラスチンを生成する細胞をはじめ、特定の細胞増殖をコントロールする働きを持つ、人の体内で作られる「タンパク質」(アミノ酸が幾つか結合したペプチド)の一種です。

 

細胞の生まれ変わりを促す働きがあることから「細胞増殖因子(成長因子)」と呼ばれています。その働きは、皮膚の再生周期をコントロールし、細胞分裂を促進させます。

 

また、既存の老化表皮細胞を回復させ、新しい皮膚細胞再生を促し、肌のテクスチャーを改善させます。

 

二十歳を過ぎると、グロースファクター(成長因子)の分泌量が減少し、肌や身体の「老化」が進行することがわかっています。

 

化粧品などでこれらグロースファクター(成長因子)を補うことで、お肌の若返りをサポートできます。

 

 

グロースファクターの種類と美容効果

◆EGF:上皮細胞成長因子(ヒトオリゴペプチド-1・ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)

 

グロースファクターの中でもEGFは特に重要で注目されているグロースファクターです。EGFとは53個のアミノ酸からなるポリペプチドで、1986年米国のスタンレー・コーエン博士により発見され、ノーベル賞を受賞しました。

 

もともとは医療機関で火傷の治療として、皮膚再生、皮膚移植の現場で活用されていました。医薬品の有効成分として、厚生労働省が登録を検討していた時期もありました。ただ、副作用もなく、ヒト遺伝子組換オリゴペプチドになり安全性も高まったことから、化粧品成分として認可されています。

 

細胞分裂を活性化させ、肌のターンオーバーを促進し、老化した表皮細胞を回復します。新しい表皮細胞を再生させることで、しみ・しわ・たるみ・ほうれい線等の加齢にともなう肌トラブルを改善、予防します。

 

◆FGF:線維芽細胞増殖因子(ヒトオリゴペプチド-13・ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-11)

 

表皮にはたらきかけるEGFに対して、FGFは真皮にある線維芽細胞というコラーゲンを作り出す細胞にはたらきかけ、成長と増殖を促します。

 

年齢を重ねると肌のキメが粗くなったりシワができたり、ハリがなくなったりするのはFGFが少なくなっていくためです。

 

FGFを塗布することにより、線維芽細胞が活発に働くと、コラーゲンを真皮に保持し、弾力と透明感ある潤ったお肌になります。

 

◆IGF:インスリン様成長因子(ヒトオリゴペプチド-2)

 

成長ホルモンに似た増殖因子で破損している細胞の修復を促進させ、細胞再生によって皮膚内で出た老廃物を対外に除去する作用もあります。

 

◆TGF:トランスフォーミング増殖因子(ヒトオリゴペプチド-7)

 

コラーゲン組織に働きかけ、傷の修復を促します。また、細胞の老化を防ぎ、肌に弾力を与えます。

 

 

 

機能性ペプチドの種類と美容効果

 

◆EDP3:EGF様ペプチド

EGF自体を増やす効果があり、EGFの働きを補助します。表皮に働きかけ、皮膚の老化を防ぎます。

 

◆IDP5:IGF様ペプチド

IGF自体を増やす効果があり、IGFの働きを補助します。皮膚細胞を活性化させ、酸化ダメージを防ぎます。

◆Rejuline(リジュライン):FGF様ペプチド

真皮のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生を高め、たるみに効果を発揮します。

 

◆ChroNoLine(クロノライン):HGF様ペプチド

肌老化によるダメージを修復し、お肌の基底部分に働きかけ、抗しわ効果を発揮します。

 

 

まとめ

 

EGFなどのヒトオリゴペプチドは肌内部の成長因子”そのもの”で皮膚に浸透すれば迅速にその効果を実感できます。ただ、原料が非常に高価なため、多くの種類を配合するのは現実的ではありません。

 

一方、機能性ペプチドと呼ばれるアミノ酸合成体であり、皮膚内に浸透し、特定の酵素と結びつくことでグロースファクターと同様の効果を持続的に発揮します。また、機能性ペプチドは、ヒトオリゴペプチドよりも原価は抑えることができます。そこで、より多くの種類を配合量を増やして処方することができます。

 

EGF美容液ドゥボータりバイタルセラムは、EGFに加え、機能性ペプチドである4つのグロースファクター誘導体(EDP3/IDP5/Rejuline/ChroNoLine)も配合。肌本来の機能を回復させターンオーバーを促進し、コラーゲンの産生を高めることで、加齢にともなうたるみが原因の「しみ、たるみ、ほうれい線」を改善、予防します。

初回半額!楽天4冠!雑誌掲載♪EGFアルガン幹細胞エキス配合プレミアム美容液

 

 


 

 

\LINE友達登録ですぐに使えるオースディ公式ストア500円OFFクーポンプレゼント中/

エレクトロポレーション美顔器や、ドゥボータ化粧品などキレイ応援アイテムが盛りだくさん(*^_^*)

▼オースディ公式LINEといますぐお友達になる▼

友だち追加

▼メルマガ登録で今すぐお得な情報をGET!▼

横瀧尚弘@たっきー美容研究家

投稿者プロフィール

1975年生まれ/大阪府出身。オースディ株式会社代表取締役/DUVOTA-ドゥボータ化粧品開発者。美容研究家として、メイクアップブランドや、エステサロン化粧品、ドクターズコスメなど、多数の化粧品ブランドのプロデュース、化粧品開発を手掛けてきました。

化粧品のプロとして、DUVOTA-ドゥボータ化粧品の使い方や、最新情報、美肌ノウハウについて投稿しています。趣味は、水泳、マラソン(サブ4)、ロードバイク。

最新エレクトロポレーション美顔器の選び方(2021年版)

紫外線対策は、日焼け止めよりパウダーファンデーション

関連記事

  1. ディープエフェクトエッセンス成分辞典:アロエベラエキス

    2014.12.11
  2. エレクトロポレーション導入美容液の選び方

    2014.11.25
  3. グルコシルセラミドについて

    2020.07.02
  4. 超浸透型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)6つの美容効果

    2015.06.09
  5. エクラフレーズではじめるリフトアップ習慣

    2015.08.11
  6. エレクトロポレーション導入にピッタリ!EGF美容液♪

    2015.04.15
PAGE TOP