Loading

Column

海外ブランド化粧品の落とし穴

海外ブランド化粧品の落とし穴





 

いつもブログ訪問ありがとうございます。オースディの横瀧です。

本日の美容ネタは「海外ブランド化粧品の落とし穴」です。もちろん、外国製だからダメとか書くつもりはありません。

結果のでるすばらしい海外ブランドも多数あります。

でも、海外で製造された化粧品を日本人が使うと、様々な問題があるのも事実です。

ちなみに、僕の手元にフランス製ブランド化粧品の全成分があります。

全成分:水、エタノール、グリセリン、シクロパンタシロキサン、オクチルドデカノール、ジメチコン、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、(VP/アクリル酸ジメチコニル/ポリウレタン)コポリマー、BG、PG・・・香料・・・赤504

 

アルコールを多量にふくみ、合成ポリマーが全成分の上位を占めています。

 

かなりテクスチャーと香りにこだわった処方です。

合成ポリマーとは、肌すべりとか感触が非常にすぐれた合成樹脂、合成油のことです。

酸化、劣化しないので、よく化粧品に使われる成分です。

このブランド化粧品は、非常にすばらしいテクスチャーと香りが特徴です。

ただ、日本人と欧米人では、肌の構造は同じでも、機能には差があります。

日本人にくらべて皮膚の再生機能が高い欧米人は、アルコールや香料の含有量が多い化粧品を好みます。

特に香料においては、外国の歴史に日本は到底およびません。

全成分表示には「香料」としか表記されていませんが、ここに相当な価値基準を置いていると思います。

 

なので、外国製化粧品は使った瞬間、良い香りと肌触りを楽しむスキンケア。

 

として、ある程度、わりきって使用するのがいいかもしれません。


 

 

\LINE友達登録ですぐに使えるLINE限定クーポンプレゼント中/

エレクトロポレーション美顔器や、ドゥボータ化粧品などキレイ応援アイテムが盛りだくさん(*^_^*)

▼オースディ公式LINEといますぐお友達になる▼

友だち追加

▼メルマガ登録で今すぐお得な情報をGET!▼




横瀧尚弘@たっきー美容研究家

投稿者プロフィール

1975年生まれ/大阪府出身。オースディ株式会社代表取締役/DUVOTA-ドゥボータ化粧品開発者。美容研究家として、メイクアップブランドや、エステサロン化粧品、ドクターズコスメなど、多数の化粧品ブランドのプロデュース、化粧品開発を手掛けてきました。

化粧品のプロとして、DUVOTA-ドゥボータ化粧品の使い方や、最新情報、美肌ノウハウについて投稿しています。趣味は、水泳、マラソン(サブ4)、ロードバイク。

DUVOTA化粧品を取り扱って下さるサロン様が増えております。

お肌のお悩みランキングとお悩み別対処方法を一挙公開!果たして一番多かった肌悩みとは?!

関連記事

  1. お肌のお悩みランキングとお悩み別対処方法を一挙公開!第4位は?

    2021.09.03
  2. 化粧品の価値とは?

    2014.07.07
  3. 化粧品が合わないのでは?と思ったら

    2021.08.19
  4. 「手作り化粧品」は、本当に肌に良いの?

    2021.07.09
  5. 「スキンケア」と「治療」の境界線

    2014.04.30
  6. 化粧品の価値とは?

    2012.02.02
PAGE TOP